ARTISTS

INCITE

RENO DIVORCE
RENO DIVORCE
[リノ・ディヴォース]

1996年アメリカ、フロリダ州オーランドにて結成。
2000年にコロラド州デンバーに活動の拠点を移した事で、北米におけるファン数を拡大させた。
これまでに2枚のフルアルバムと1枚のミニアルバムを発表。 最新作“ティアーズ・ビフォア・ブレックファスト”は彼らの3枚目のフルアルバムとなる。

無骨なまでにストレートでメロディック、そして男の哀愁を強く漂わせるパンク・スタイルは、SOCIAL DISTORTIONからの影響を色濃く感じる。05年、06年、08年と地元誌「WESTWORD」にて「ベスト・パンク・バンド・イン・デンバー」に選ばれ、07年と08年の「93.3 FM KTCL HOMETOWN FOR THE HOLIDAYS」コンテストではファイナリスト10人に残り、表彰のステージにてSTREET DOGS、AGNOSTIC FRONT、ANGEL CITY OUTCASTS、THE DEAD KENNEDYS等と共演を果たしている。

このアルバムを09年7月にUSでリリースした後はイギリス、ドイツを中心に9カ国24会場のヨーロッパツアーを敢行する等、現在USにて最も注目を集める若手メロコアバンドの一つである。

Member
  • Vocals/Lead Guitar : ブレント・ラヴデイ
  • Drums : アンドリュー "ダース・ディアブロ" エリック
  • Bass/Backing Vocals : ティム "ギブス" ジャドウスキ
  • Guitar/Backing Vocals : タイ・バティステラ